【バターナイフ】ズボラな私が愛する絶対買うべきバターナイフはこれ!【おすすめ】

暮らし

バター派の皆さん、バターナイフ、バターカッターはお持ちですか?
これは買うべきバターナイフを発表しまーす!

 

貝印 KAI 四角く切れる バターナイフ

バターっていつもどうやって切っていますか?

めんどくさがりでズボラで、効率の良さばかり考えているわたしの超おすすめは

貝印 四角く切れるバターナイフです!!

貝印 KAI 四角く切れる バターナイフ Kai House SELECT FA5162

 

材質 ステンレススチール
サイズ詳細 本体サイズ:140×37×20mm 重量:23g
生産国 日本

貝印オンラインストアより

いろんな種類のバターカッターのメリット・デメリット

 

表面をバターナイフでピロピロと削りとるタイプのもの

パンに塗るときは便利かも!でもバター使うシーンはなにもパンだけじゃない・・・

ご飯派の我が家は、料理に使う頻度のほうが高いのです。

 

包丁やナイフで切る。切って塗れていいかも!

バターを出す、切る、仕舞う、まな板やカッティングボード洗う・・・考えるだけでめんどくさい!笑

 

5グラムずつ切れるワイヤー付きのケースも良さそう!買い物かごまで入れました!

1回切ればいい!

・・んだけど、切っておくと断面が黄色くなってくる。毎回5グラムとは限らない。

カチカチのバターを切るのは大変なので一旦常温にして『ほどよく』柔らかくして切る。

洗うの大変・・・プラスバターナイフは必要。

バターが手に入らないときはマーガリンも使います。

その時は木製のバターナイフを昔から使っていますが、やっぱり固まりのバターは取りにくく使えないなぁと感じていました

 

私が求めるバターナイフ兼バターカッターに出会った!!

 

ネットで探しているときに存在は知っていた四角く切れるバターナイフ。

実際に店舗(東急ハンズ)で目にしたとき、これだーーーー!!と運命の出会いをしました。

 

メリット1 スパっと切れて断面がきれい 剥がれやすい

バターナイフを冷蔵庫から取り出したバターに当てて、ぎゅっと押すだけで気持ちいいほどスっとバターが切れる!先端がすこし斜めになって切れやすい!

真ん中がくりぬいてあるおかげで、バターナイフにバターがくっつくいても、剥がしやすい◎

切り取った断面もキレイで、ここも好きなポイント

 

メリット2 好みの大きさに切りやすい

 

ケーキ作りにはこのぐらいから微調整したり・・・

バター焼きにはがっつりバターを使うので深めにザクッと。

パンや料理に少し使いたいときはこのぐらいかなー?

辺の長さで自由自在に大きさが変えられる!!

メリット3 バターケース内で作業が完結

このバターナイフなら、カッティングボードに出して、切って、、、という作業が必要ないです(^^)

バターケース内(またはバターの箱)で切って、横の面で塗るまでできます!

メリット4 パーツなし 段差もなく洗いやすい

ひと続きのステンレススチール製で継ぎ目がなく、洗いやすいです

メリット5 バターケース内に入れておける大きさ

元々持っていた柳宗理のバターナイフは長さがあってこのケース内には収まりませんでした・・

これなら大丈夫!

メリット6 あまり高価ではないのに安っぽさもない

価格は定価で500円程度。思ったほど高くないんではないでしょうか?

ステンレススチールの素材感のおかげか、安っぽさも感じません!

メリット7 ホットケーキ・ステーキの上に四角いバターが乗せられる

小さいころ、ホットケーキやステーキに四角いバター乗せたかった私。これで夢がかないます(笑)

さいごに

めんどくさがりでズボラなわたしのおすすめ【四角く切れるバターナイフ】

ぜひ小さなストレスから解放されてください♪

 

☟ブログランキング参加中 ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 古民家暮らしへ
暮らし
フォローお願いします♪
藍の古民家暮らし

コメント